MENU
サブメニュー

配管工を目指す前の前職であるパチンコ店管理職時代を振り返る。

目次

最初に

新しい職場でのネタを蓄積中なので配管工を目指す前、前職であるパチンコ店管理職を退職の理由と仕事を振り返ってみます。

 

 

大学を卒業してすぐにパチンコ業界へ入ったのが20年ぐらい前。その頃はパチンコ業界の景気は良く、また大学卒はほとんどいなかったので出世もできるチャンスかもしれないと思って飛び込みました。

 

そのころのパチンコ業界は超絶ブラックで店舗の管理職になると

早番の場合
8:00出勤
16:00~中抜け休憩
22:00店戻り
3:00退店

睡眠時間もプライベートなんかもロクロクありませんでした。

という拘束時間も長い超絶ブラック勤務体制でした。実際に同期は10人いましたが毎年3人ずつ退職して4年目には私一人しか残っていませんでした。

色々と苦労はしましたが計算どおり2年目で幹部社員に3年目で本部社員へ昇格しました。そのかわり最初の3年は上記のように毎日20時間近い勤務をこなす地獄の日々でしたが….実際に中抜け休憩となっていますがほとんど中抜け休憩に行った記憶はほとんどないです。

 

大きな計算間違いとしては勤務体系と給料体系です。給料を一般企業に合わせたこともあり全体的に低い、そして一般企業に悪いところだけ合わせて昇給を組み込んでないので勤続年数が長くなってもほとんど給料も上がらず最初の給料は同世代の中では高かったはずが5年ぐらいで逆転してしまいました。そんな中どんどんとパチンコ業界の業績は悪化してコロナでトドメを刺されるんじゃないかというぐらい弱体化しました。

そうなると従業員の給料を下げるところになるんですが、またそのやり方がエグイ!

下げる対象は35歳前後からですがその中でもは好き嫌いで決めます。そして総支給で30万(手取り24万)あったとしても18万(手取り13万ぐらい?)まで下げるというエゲツなさ。

12万円のダウンなんて聞いたこともありません。基本給だけでも8万下げているので違法のはずなんですが系列の警備会社や掃除の会社に転籍ということで違法にはならないそうです。そして転籍なのでやる気になれば有休も消すことができます。私の場合は転籍に納得がいかないので退職をしました。強制的に転籍にされ有休こそ消されませんでしたが有休は転籍先での消化ということで恐ろしく少ない額の給料しか支払われず、もしも貯金のない独身男性ならその時点で人生が詰んでいたと思います。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次