会社員生活

パチンコ店の管理職から施工管理に転職しましたが、勤務初日にブラック企業を疑ってしまう

パチンコ店の管理職から施工管理に転職しましたが、勤務初日にブラック企業を疑ってしまう

 

書類上は退社日の翌日からの入社になりますが、実際は有休消化後の入社になるので休みの期間が2ヶ月間あり毎日が退屈でしょうがありませんでした。
最初の1週間は本当に時間が過ぎるのが遅かったのと、退職で気持ちが落ち込みどこかへ出かけようという気持ちにもならずに引きこもっていました。

 

 

実際にはブログ更新の更新頻度をあげたりとやることを見つけて過ごしていたのでそこまでの自堕落ではありませんでしたが、仕事をしないので自分がゆっくりと腐っていくようで不安でした。そんな日々も4/1を迎えてついに終わりを迎えて勤務初日です。

入社といっても新卒を募集しているわけではなく、定期的に退職した人の補充として中途入社の社員が入ってくるような不人気な業種なのでアルバイトさんの入社初日のように簡単なものでした。ただそれも予想のうちでしたが勤務が始まって予想外のことがありました。

 

そこに座って商品のカタログ読んどいて!

ええっこれって新入社員の勤務初日で毎年話題になる放置ってやつじゃないですか?
いやいやまさかまさかそんな!

 

薄っぺらい浄化槽のカタログを渡されただけですが、読むだけなら15分もあれば読めてしまいます。業界の知識など全くないので用語も意味もチンプンカンプンです。席も使うパソコンもまだないので調べて勉強するには個人のスマートフォンしかないんですが

 

仕事中に個人のスマートフォン見てても問題ないの?
そんなことを考えながら放置された時間はなんとなんとの

8時間

これは精神修行なのか?もしかして入社試験がまだ続いているのか?

 

結果的には書庫にある資格試験やなどの本をあさりながら時間を耐えて過ごしました。
帰ったの?当然ほぼ定時の17時ですよ。だってやることないんだもん!!!!

【読んで欲しい関連記事】
配管工を目指す前の前職であるパチンコ店管理職時代を振り返る。

ブラック企業とは 引用元 wikipedia