MENU
サブメニュー

施工管理の退職者が多いのは老害といわれる職人の責任も大きいことに気づいた。心当たりがある人はどれぐらいいますか?

目次

最初に

created by Rinker
カクダイ(KAKUDAI)
¥218 (2024/04/13 17:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

施工管理は労働時間も長時間になり典型的なブラックですが、それ以外にも大きな退職理由があることに気づきました。

それは

老害職人の横暴さ

です。ただこれは当然ながら全ての職人さんに当てはまるわけではありませんが私が感じるのは特に高齢で業界歴が長い人に多い気がします。

職人の横暴さを感じるいくつかのこと

施工管理の新人が入った場合、わざということを聞かない。

ヘルメット非着用、たばこの喫煙ルール無視、立ちションをしたりとやりたい放題です。なにか正論で返されれば仕返しに難しい作業などをやらせて失敗させようとしたり怒号を上げたりやりたい放題

作業をミスした場合は人のせい

ユニックで荷物を吊ってどこかへ当てたら積み方が悪い、ネジをナメたらねじの精度が悪い不良品。だから支給品をもう一つよこせ。(高額なろ過フィルターでも)
自分が悪いなんて全然思っていません。すべては他人です。

 

気分次第で当たり散らす

気分次第でこの作業をやれと言ってみたり、イランことをするなと言ったりやりたい放題です。見ていていい気もしませんし若い人はやめていきます。最悪なのは何か気に入らないことがあったらしく

 

「こんなんやれんわ

と言って帰ってしまいました。自分が頼んだ下請けの若者にタバコや空き缶を投げるのもみたことがあります。
若い人はすぐに辞める、続かない
という会社にはこんな人はいませんか?

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次